自然育児のママ&ベビーグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しママの強い見方 圧力鍋

最近、我が家でフル稼働している調理器具があります。
活力なべという名の圧力鍋です。
一般の圧力鍋と何が違うか、というと圧力値が高く、調理時間が短くて済みます。
例えば、T-FALの中でも最高圧の「デリシオ」シリーズが、0.9気圧なのに対し、活力なべは1.45気圧、とかなりの高圧値。
そのため、ほとんどの料理が、沸騰後1分+余熱でできてしまうというスグレもの。
(料理によっては、加熱時間が長いものもあります。)
本当に、あっという間にできあがってしまうので、驚ろきです。
そもそも、魚の骨が苦手な夫のために、「骨まで食べられる煮魚が作りたい!」「もっちもちの玄米が食べたい!」というような理由から、圧力鍋を購入したのですが、ほかにも色々、活用の幅がありました。

★ヘルシー料理に
母乳育児の粗食のため、煮物料理が多い我が家。材料と調味料をまさに文字通り「放り込んで」火にかけ、放っておけば「1品出来上がり」と大助かり。
お肉とお魚も控えていて、豆料理をもっと食べたい!と思っていましたので、これなら、豆も時間をかけずに調理でき、レパートリーが一気に増えそうです。
また、付属のガラス蓋を使えば無水料理ができますし、焦げ付きにくいので無油料理も可能、とヘルシー料理にはもってこい。(無油、と言っても、少量の油は必要)

★離乳食に
陶器の器に野菜を種類別に小分けにし、水を張って蒸せば、離乳食にも活用できそう。
また、玄米は普通にお粥にしたのでは、離乳食に不向きですが、炒った玄米をお粥状に炊き、ミキサーなどでクリーム状にした「玄米クリーム」であれば、母乳代わりにもなり、離乳食としてもOK。
この圧力鍋があれば、自宅で玄米クリームが作れます。時間のあるときにこちらもチャレンジしたい1品です。
※実際に玄米クリームを作ってみました。レポートはこちら

sp_katsuryoku.jpg

スーパー活力なべ 26,145 円(税込)
私は、コンパクトタイプのスーパー活力なべを愛用しています。
スーパー圧力鍋には、ガラス蓋がセットで付いています。
普段の料理には、このサイズで十分。場所も取りませんし。

比較的お値段が手ごろで、高圧の商品は平和圧力鍋

メーカー希望小売価格は2万円を超えますが、2.8Lタイプなら、実勢価格では2万円を切っているところも多いようです。

★圧力鍋データの比較はこちらのサイトに詳しくあります。

★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。