FC2ブログ
 

自然育児のママ&ベビーグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布おむつグッズ其の1 布おむつを始めるために

現在、布おむつユーザーの私も、娘が生まれた当初は、「布おむつ」なんて、全く頭に無く、つい数ヶ月前まで、ずーと紙おむつを使っていました。けれど、毎日出る大量の紙おむつゴミを目にしているうちに、段々と「布おむつ使ってみようかな」という気持ちに。

そして、離乳食が始まり、うんちが少し処理しやすくなったら、日中、家の中だけでも布に変えてみよう!と、娘が6ヶ月を少し過ぎた頃から私達の布おむつライフが始まりました。

★最初に揃えたモノ
輪おむつ(ドビー織り) 20枚 
毎日洗たくするのであれば、この枚数でOK。ちなみに、夜も使用するのであれば、夜分の枚数を加えたものを準備すると良いと思います。
おむつカバー 3枚
1日1枚、使用します。が、たまに、うんちが漏れたりしますので、予備も含めてこの枚数。
蓋付きバケツ 1ヶ
傘型ハンガー 1ヶ
重曹(洗たく、漬け置き用)
洗い桶(うんちオムツ用)

重曹と洗い桶は家にありましたし、傘型ハンガーはあったら便利というモノなので、布おむつを始めるには、最低限、上記の3点があれば始められたわけです。

★おむつについて
布おむつには、さらしを輪っか状に仕立てた「輪おむつ」(折って使う)と、おむつカバーサイズで防水などの加工がしてある「成型おむつ」の2タイプあり、これを、おむつカバーでお尻にフィットさせて使用します。
・輪おむつ 乾きが早いため、洗たくがラク。安い。 ×折る手間がある。厚みがあるため、おむつカバーの中がもこもこする。
・成型おむつ コンパクトなため、お尻周りがすっきりする。外出時にかさ張らない。 ×輪おむつにくらべ、乾きが悪い。

また、輪おむつには、平織りとドビー織りの2種がありますが、ドビー織りの方が乾きが早いのでおススメです。私は、当初、輪おむつのみを使用していましたが、成型おむつのお下がりをもらったため、ちょっとした外出時には、この成型おむつを使用しています。

★おむつカバーについて
最初に悩んだのがコレ。とにかく種類が多すぎて、何を買い求めれば良いのか、分からなくなります。
おむつカバーについては、奥が深いので、また次回にご紹介します。

★洗たくについて
重曹少々をいれた水に漬け置きしてから、翌日洗濯機で洗たくしています。
おしっこおむつ→蓋付きバケツに重曹少々を加えた水に漬け置き。
うんちおむつ→トイレでうんち汚れをトイレットペーパーでできるだけふき取り、おしっこおむつとは別に洗い桶などに漬け置きし、夜に洗たく石けんで予洗いしてからおしっこおむつと一緒にさらに漬け置き。
私は、漬け置きした水は捨てて、洗たくしています。
漬け置きの水は、水だけでも大丈夫ですが、重曹を加えたほうが汚れ落ちが良いです。
洗たくグッズについての詳細も、また後日アップする予定です。

こうして、布おむつライフを始めるにあたり、大変お世話になったネットショップが、
赤ちゃんの肌着 ほほえみ工房
おむつ用品は全てこちらで揃えました。こちら、とにかくお安い上に全て日本製です。
最低限必要なアイテムの1つであるおむつカバーは、案外お値段しますよね。(もちろん、紙おむつを使いつづけることを考えれば、断然お得なのですが)布おむつを始めたはいいけれど、挫折するかもしれないし、あまり高いのには手が出ないなーと思っていたところ、こちらのショップに出会いました。
商品にもよりますが、2枚組で1600円前後。もちろん、作りもしっかりしていますし、サイズも少しゆったりめなので、長く使えるのがありがたい!そして、デザインも豊富でかわいい柄がたくさん取り揃えられています。
有名メーカーのおむつも良いですが、わたしはほほえみ工房のモノで、十分満足しています!

★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。