FC2ブログ
 

自然育児のママ&ベビーグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お出かけも安心 無添加のベビーフード

普段のお出かけでは、娘の離乳食はご飯とおかずを1つの容器に詰め合わせて、お弁当風にして持参しています。けれど、この度の旅行は2泊3日だったため、さすがにベビーフードのお世話になりました。
さて、ドラッグストアにベビーフードを買い求めに行くと、困った事態に遭遇しました。
娘は、月齢の割りに離乳食がのんびりで、その時点で「たんぱく質源」と言われるものは、一切試していませんでした。けれど、ほとんどのベビーフードには、白身魚やらレバーやら、鶏肉やらが含まれています。その上、5ヶ月からOKの裏ごし野菜なんかには、砂糖が含まれていたりするのです...。いや~、これは困ったぞ!と頭を悩ませていた私に救世主。
パルシステムの「有機まるごとベビーフード」シリーズ。一瓶、100グラムで約400円と少々お高めですが、使用されている野菜が有機野菜で、もちろん、食品添加物は無添加。これなら、安心して娘に与えることができます。
今回は「有機かぼちゃ煮無添加」と「有機ベビーじゃが芋のトマトソース煮」を購入。
さて、ところが、残念ながら、じゃが芋の方はあまり娘の好みではなかったようで、あまり食べてくれませんでした...。ベビーフードは好き嫌いがあるかもしれないので、旅行のときなどは、予め試食させるべきだった、と反省。
そんなわけで、このベビーじゃが芋煮、捨てるわけにはいけませんから、一手間かけて娘に与えてみることに。一手間、と言っても、粉ミルクを溶いたものを、混ぜただけですが、風味を変えたことで、無事完食。捨てずに済んで、良かった...。
DSC01716.jpgDSC01714.jpg右上の椀が、「じゃがミルク」

ベビーフードをそのまま与えるのではなく、こんな風に素材として活用すれば、手作り感のある離乳食になるので、いざという時のために、ストックしておいても良いですね。

↓↓いつもお世話になっています。↓↓

★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ

☆グリムスを育成中です。大きくなるよう、更新ガンバリます
スポンサーサイト

子連れでちょっぴり贅沢な旅

初めての家族旅行にでかけました。行き先は、軽井沢。
まだ歩けない娘が一緒ですから、あちこち観光をするのは、ちょっと大変。そんなわけで、今回は「近場」で「のんびり滞在」できるという点を重視しての旅先選び。そして、今回お世話になった宿が「星のや 軽井沢」。
いわゆるホテルとは趣が違い、敷地内に立ち並ぶコテージに宿泊する、貸し別荘風のお宿で、「谷の集落」というキャッチフレーズそのもの。
はっきり言って、お値段、ちょっと高めです...。けれど、今回は、色んなメモリアルなコトが重なっていたため、少し奮発しました!

ホームページを見たところ、和モダンな客室や、スタイリッシュな温泉などが目につき、また、お値段も高めなことから、カップルの記念日宿泊や優雅な休日を過ごしにくる、年齢層高めの方が多いのかしらと思っていました。ところが、小さな子ども連れの宿泊客が意外と多い!
その理由は実際に宿泊してみて、納得!実は、小さな子どものいるファミリーには、とーってもおススメの宿だったのです。

子連れ家族におススメのワケ

とにかくの~んびりの滞在スタイル
2泊以上の連泊が基本の滞在型のお宿なだけあって、観光に出かけなくとも、集落内だけで、非日常を十分に満喫できます。
広い敷地には川が流れ、周囲の山々を借景に自然の木々を活かしたちょっとした庭園のようで、のんびり散策、なんていうのもおススメ。また、グッドチョイスの書籍が並ぶライブラリーラウンジでは、用意されたドリンクやお茶請けのお菓子を片手に(もちろん、無料!)広々としたベッドタイプのソファでゴロンと読書を楽しんだり。
そのほか、集落内を散歩する「朝散歩」や朝の体操など、ちょっとしたイベントも開催されています。
チェックアウトが12時と少し遅めなのも、大助かり。朝食を取ってから、温泉に浸かり、娘の離乳食も食べさせて、と最終日もの~んびり過ごすことができました。


食事は自由
基本プランは食事がついていません。集落内のレストランを利用したり、外で食べたり。朝は部屋でのんびりしたいので、軽井沢銀座の有名パン屋で仕入れてきたパンに舌鼓を打ちました。
子どもが一緒だと、ねんねの時間など、子ども時間に振り回されがち。そんな時、食事が自由だと、その時どきの自分達の都合の良いようにできるので、気楽です。また、ウチはまだ離乳食なので、部屋で気兼ねせずに食事ができるのも、ありがたかったです。
宿泊費がちょっとお高めなので、食事で節約、なんてことも可能ですよね。
ちなみに、離乳食も相談すれば用意してくれるそうですよ。

キッズルーム
朝7時~夜11時まで自由に利用ができる、キッズルームがあります。キッズルームには、木のおもちゃなどが用意されていて、ちょっとした子どもの気分転換にも最適。また、有料ですが、託児サービスもあり、子どもを預けて温泉やスパで束の間の休息なんていうこともできちゃいます。

小上がり式のベッドスタイル
ダブルの部屋が満室でツインの部屋を予約していたので、寝相の悪い娘がベッドから落ちないか、心配でした。ところが、こちらのお部屋は、小上がりのような板の間のスペースに、マットが2つ並べて敷いてある、というスタイル。マットは、自由に動かすことができ、壁側に2枚のマットをくっつけて並べて、川の字で安心して眠ることができました。
(もちろん、貸しベビーベッドを予約することも可能です)

部屋風呂だって十分満足
まだオムツの取れない娘を連れて、温泉は利用できません。「娘は部屋のお風呂で入れるしかないな~、あのユニットバスのお風呂か、味気ないな~」と思っていました。
すると、部屋のお風呂も十分ステキ!お風呂の窓からは、外の樹々を眺めることができ、桧(多分...)の浴槽からは、木のいい香りがふんわり。また、10月は「林檎湯」ということで、用意されていた林檎をぷかぷか浮かべながら、娘と二人楽しく入浴。部屋風呂で十分満足してしまい、実は、一泊目は温泉に行かず仕舞いだったほど。

ちなみに、集落内の電気を温泉の「地中熱」を利用している、エコリゾートであることも、最後に書き加えておきたいと思います。

さて、すっかり星のやを気に入ってしまった私達。毎月「星のや貯金」をしたら、2年後くらいには、また泊まりに行けるかしら。その日を楽しみに、日々こつこつ節約だ~!

★星のや 軽井沢は、一休.comで予約できます。



★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ

☆グリムスを育成中です。大きくなるよう、更新ガンバリます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。