自然育児のママ&ベビーグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れで楽しむ展覧会 横浜トリエンナーレ2008

3年に一度、開催される現代アートの祭典、横浜トリエンナーレが、9月13日(土)から開催されます!
前回、前々回ともに足を運びましたが、山下ふ頭をメイン会場とした、前回は、会場もかなりオープンな感じで、また、来場者参加型(体験型)の作品も多く、子連れの方も多く来場していました。つまり、「シーン」と静かに鑑賞するタイプの美術展ではナイ(と、勝手に思っています)ため、これは、娘の展覧会デビューにうってつけではないかしら?と娘を連れてお出かけする気、満々でいます。

すると、乳幼児と保護者の方のためのトークツアー「教育プログラム ひよこツアー」というイベントがあるではないですか!
参加方法は、はがき申し込みでの抽選。残念ながら、限定6組ということですが、早速、申し込むことにします。当たるかな~。
(そのほか、子どもたちがキュレーターとなって、ガイドツアーを行う、「教育プログラム(キッズ・キュレーター)」なんてのも、あり、こちらも面白そう!)

ちなみに、規模が例年通りであれば、会場はかなり広く、鑑賞に結構時間がかかります。大人だけで観にいった前回、前々回も、鑑賞後はくたくたでした。子連れであればなおさら、時間に余裕を持っておでかけになることをおススメします。また、会場内にカフェはありますが、おそらくお弁当の持込がOKだと思います。前回、持参お弁当でランチしているファミリーを見かけましたので。(確かではありませんので、事前に会場にご確認ください)
なお、参加型(体験型)の作品は、ベビーカーでは鑑賞(体験)できないモノもあるかもしれません。念のため抱っこ紐持参が安心かも。

<横浜トリエンナーレ 2008>
会期:2008年9月13日 土曜日 から 11月30日 日曜日 (計79日間)
会場 :新港ピア、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、赤レンガ倉庫1号館ほか



実際に鑑賞した後、またレビューをアップする予定です♪
スポンサーサイト

赤ちゃんOKのクラシックコンサート

育児の参考にしているシュタイナー教育の影響で、音楽は生音に限る、ということで、我が家はCDで音楽を聴きません。そんなわけで、日ごろの音楽はもっぱら、私の生唄。
機会があれば、娘に生音を聴かせてあげられる、コンサートに足を運びたいと、赤ちゃんOKのコンサート情報にアンテナをはっていました。

そしてこの度、とうとう、乳幼児OK!の「音楽のおくりもの わいわいコンサート」に行ってきました!
ディベルメント(嬉遊曲)から名前を取ったという<アンサンブル・ディベルターズ>による、ママ(&パパ)とこどものためのクラシックコンサート。

プログラムは、モーツァルトのディベルメント第一楽章や、トルコ行進曲などの軽快な曲や、ゆったりとしたワルツなど、こどもが聴きやすい曲目で編成されています。また、一度はどこかで耳にしたコトのある、有名な曲ばかり。また、演奏が始まる前には、「この曲はこんなストーリーですよ」という説明があり、曲に対してのイメージが膨らみ、楽しめました。

<アンサンブル・ディベルターズ>は、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの弦楽器に、ピアノとフルートで編成されています。演奏の途中に、楽器紹介として各楽器の独奏があり、それぞれの特徴に「なーるほど~」と耳を傾けました。コントラバスの独奏なんて、なかなか聴けませんよ。

そのほか、プレゼント付きイントロ当てクイズ、や、「げんこつやまのたぬきさん」でのじゃんけん大会など、ただ座って演奏を聴くだけでなく、客席参加型のコンサートなので、こどもも飽きずに最後まで楽しめるのではないでしょうか。
終始なごやかな雰囲気の中、約90分(途中に15分の休憩があります)のコンサートは幕を下ろしました。
堅苦しいクラシックコンサートより、今回のまさに「わいわい」雰囲気のコンサートは、私にはちょうど良いくらいで、純粋に楽しめました。

私たちは、当日券で入場したのですが、ほぼ満席状態。客層は、赤ちゃん連れも多かったですが、やはり、幼稚園や小学生のお子さん連れのファミリーが中心。娘がもう少し大きくなったら、また別の楽しみ方が出てくるかなーと、できれば、毎年、足を運びたいコンサートです。

「音楽のおくりもの」は、東京を中心とした各地で開催されています。
実は、10月にたまたま実家のそばで開催されるので、そちらにも足を運ぶ予定です。
今後の公演予定は、アンサンブル・ディヴェルターズのHPをご覧ください。

こぼれないドリンク容器は、やっぱりコレ!

そろそろストロー付き容器を購入しようかと検討していた頃、周りのママ達にリサーチしまくったところ、「こぼれない」で定評があったのは、Nuby(ヌービー)の商品。
よく見かけるマグマグは、やはり、携帯時に中身がこぼれるようで、ビニール袋に入れて携帯している人がほとんど。Nubyユーザーの中には、マグマグからの乗り換え組も。

Nubyを実際に使用しているママさんに聞いたところ、Nubyは、マグマグに比べて飲み物を「吸う」のに力がいるそう。しかし、数日もすればすぐに慣れて、上手に飲めるようになったよ!とのことでしたから、安心して、我が家はNubyを選びました。
私が購入したのは、ボトルタイプのフリップイット・ボトルII。
マグマグのようなハンドル付きタイプと悩みましたが、大きくなってからも使用したいので、容量が多い、ボトルタイプをチョイス。

購入後、早速、娘に試してみると...、ストロー自体を嫌がり、受け付けません...。
いきなりストローは、娘には難易度が高かったようです。そんなわけで、結局、ママ友達にマグマグのスパウトを借りて、スパウトから練習を始め、未だスパウト使用中です。
個人差はあると思いますが、娘は結構ストローが苦手なようなので、まだしばらくはスパウトのお世話になりそうです。大きくなったら、いずれ使えるようになるかなーとは思っていますが、ちょっぴり残念。

すでにストロー飲みをマスターしてからの買い替えであれば、ボトルタイプでも大丈夫だと思いますが、ストロートレーニングはこれから、という方には、スパウトタイプ(ツインハンドル・カップ)もあります。



左から Nubyヌービー フリップイット・ボトル2 360ml
Nubyヌービー ツインハンドル・カップ 240ml
Nubyヌービー ツインハンドル・フリップイットマグ 240ml

※フリップイット・ボトル2およびツインハンドル・フリップイットマグは、煮沸消毒、電子レンジ消毒ができません。
※ツインハンドル・カップは煮沸消毒は可です。

★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ

☆グリムスを育成中です。大きくなるよう、更新ガンバリます!

家族でエコなおでかけ

都会のど真ん中で、美味しい新鮮野菜を手に入れることができるのです。
月に一度、代々木公園で開かれている「東京朝市 アースデイマーケット」。
減農薬や無農薬に取り組んでいる東京近郊の農家や、ジャムなどの加工品販売ショップなど40店近くが、NHK前のけやき並木に集合します。

我が家も、先月初めて訪れましたが、葉付きにんじんや、赤々としたトマトなど、美味しそうな野菜に目移りしてしまいました。しかも、無農薬となると、お値段も高そう~、と覚悟を決めて行ったのですが、直販なためか、スーパーの野菜と変わらないモノもたくさん。あれも、これも、欲しくなりましたが、先月は、ちょうど家に野菜のストックがたくさんあり、ぐっとこらえて、最小限のものだけ購入しました。
今月は、8月17日(日)に開催されます。今回は、来週配達分のパルシステムの野菜をほとんど注文しない、という準備万端の体制で臨みます!

出店者の中には、オーガニックカフェなどもあり、ランチのお弁当も販売されていますから、マーケットでお買い物のあとは、お弁当を買って代々木公園でピクニック、というコースなら、ママだけでなく、家族みんなで楽しめるおでかけになるのでは?
前回は、我が家もこのコースでしたが、東京のど真ん中といえ、広大な敷地の代々木公園。さわやかな風が吹いて涼しく、大満足のピクニックでした。

また、このアースデイマーケットに連動している、アースデイマネーも、気になるプロジェクト。
様々な登録プロジェクト(エコな活動のボランティアなど)に参加することで、アースデイマネー「r」を溜めることができ、アースデイマーケットや登録店舗でお金として使用することができます。
アースデイマーケットに、家にある不要のエコバッグを持っていくと、「r」と交換してもらえるそうなので、今回は、押入れから引っ張り出してきたエコバッグを手に、出陣予定です。
ちなみに、このアースデイマネーがもらえるプロジェクトに自然育児友の会も登録されていましたよ。

そうそう、アースデイマーケットは、エコイベントですから、マイバッグ持参でお出かけしましょう~。

★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ

☆グリムスを育成中です。大きくなるよう、更新ガンバリます!

カラダを使って楽しむ絵本

先日訪れた絵本サロンでの読み聞かせイベントで、ステキな一冊に出会いました。
「はらぺこあおむし」で知られる、エリック・カールの「できるかな?―あたまからつまさきまで」。

ペンギンは、頭をくるくる、キリンは・・・、ゴリラは・・・、と、いろーんな動物の特徴を捉えた動きを「できるかな?」と呼びかけます。子どもたちは、その動きのマネっこをし、絵本のタイトル通り、頭からつま先まで、身体を動かしながら、楽しめる絵本です。
読み聞かせるときには、ママも一緒になって、身体を動かしながら、読んであげてください。
ちょっとした、エクササイズになるかも?!
ちなみに、サイズは大判で、動物たちも迫力があります。

できるかな?―あたまからつまさきまでできるかな?―あたまからつまさきまで
(1997/10)
エリック カール

商品詳細を見る

また、この絵本、文章が歌詞になった歌バージョンもあります。
できれば、歌に乗せて、読み聞かせならぬ、歌い聞かせをしてあげたい一冊です。
CD  エリック・カール絵本うたCD エリック・カール絵本うた
(2001/07/01)
不明

商品詳細を見る

絵本サロンに一緒に行った友達は、早速この日、この絵本を買ってしまったそう。
我が家も早く、手に入れなければ!
★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。