自然育児のママ&ベビーグッズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもそこに、うたがある。

私の参加しているシュタイナーサークルのために、初めて歌を自作しました。
なないろの外遊び活動で、毎回、おやつをいただくのですが、おやつを食べるとき、
いつも決まった「いただきます」の歌があるのに、おやつを配る時にいつも同じ何か、
がないことに、どことなく落ち着き無い感じを持っていました。
そこで、思い切って、歌を作ってみることにしたのです。

角口さかえさんの「ライゲンと子どもたち」に、音階やリズムなど、
歌を作る場合の大切なポイントが紹介されていて、そちらを参考に作りました。

こんな歌です。
♪だいち と おひさま の おくりもの
♪ことりさん  かぜにのり とどけるよ

シュタイナー教育では、歌(音楽)は子どもの発達においてとても大切な要素の
一つだと考えられています。
いくつかの書籍を読みましたが、シュタイナー園では、子どもたちに
「××の時間ですよ」と言う代わりに、歌で子どもたちを導いたり、
歌を動きが伴う「ライゲン」という芸術活動は、毎日の保育時間に
繰り返し繰り返し行われます。

今、サークルの室内遊びでは、オイリュトミストの先生にお越しいただき、
手遊びとライゲンを親子で体験するという活動をしています。
先日、先生に「ライゲンが子ども達にどんな意味があるのか」
ということを教えていただきました。

ライゲンで、動きながら先生の歌を聴く(傾聴する)ことは、
子どもたちの中に静けさを作ります。
そして、その静けさを作ることは自分の本質を知ることに
繋がっていくそうです。

しかしながら、家庭でライゲンを行うことは難しいので、
家でできることは?と続けて質問すると、
「お母さんが歌うこと」とのお答え。
鼻歌でもいいし、母親が歌うこと、それで十分だそうです。

けれども、歌うと言っても、どんな歌でもいいわけではありません。

ペンタトニック音階(ドとファの半音の無い音階)の歌をゆったりと歌う。

TVの幼児番組なんかで歌われているような、アップビートで元気のある歌、
リズミカルな歌、などは、実は、幼児の音楽としては、
あまりふさわしくないようです。(シュタイナー教育の考えでは)

別の書籍で「小鳥がさえずるように歌う」とあったので、
私は、歌うときには、あまり声を張らずに、
ゆったりと穏やかに歌うように心がけています。

「ペンタトニック」と聞くと、難しく聞こえるかもしれませんが、
昔から歌われている「わらべうた」には、このペンタトニック音階の
歌がたくさんあります。

ちなみに、私は、シュタイナー園で歌われている歌をまとめた、
竹田喜代子さん編著の「花のこども」を愛用しています。
そのほか、「シュタイナー幼稚園のうた」なども参考になるかと思います。

今までも、わらべうたの類を(みなさんが流行歌を口ずさむように)
日常的に口ずさんではいたのですが、先生のお話を受けて、日常のなかで
歌うことをこれまでよりも意識的に行うようになりました。
例えば、「ごはんだよー」と声をかける代わりに
「♪だーいちーと おーひさまの♪」と歌いながら配膳したり、
娘のおままごとに付き合う際に「♪ひとーつひばちでやいたもちー♪」と
お餅をついてみたり、「お布団に入るよ」という代わりに
「♪おやすみなさい♪」と手をつないでお布団まで誘導する、というように。

この「歌う」ということは、娘のためでありながら、
実は、自分にとっても良い状況を作り出しています。
歌うと私の穏やか指数が、グーンと上昇するのです。

前述の「♪おやすみなさい♪」ですが、シュタイナー教育で言われる
「5度の気分」の音階を高音から低音へ順番に♪ミレシラソミレ♪と歌うと、
すごーくマッチするので、気に入って歌っています。

そのほか、最近、ごちそうさまの歌も作りました。

♪おなか の ふくれた ことりさん
♪き に とまり はね を やすめる

と、歌作りにはまる毎日です。

歌を作るときには、アウリスのシロフォン
音を確認していますが、やはり、音がリエゾンする
グロッケンの方が良かったなーと今更ながら、
ちょっぴり後悔しております。
スポンサーサイト

小さい子にも安心の暖房器具

去年の冬、1歳になり、まだよちよちあんよだった娘。
それまで冬の暖房器具の定番はガスファンヒーターだったのですが、万が一の怪我や火傷が心配で、
ガスヒーターの使用を躊躇していました。
しかし、エアコンだけでは寒いし、部屋中乾燥する。よく聞くオイルヒーターは電気代が高いらしいし、どうしよう、と思案していたところで、出会ったのが遠赤外線パネルヒーター。
オイルヒーターと同じ輻射熱の効果があり、火災や火傷の心配が無い、空気を汚さない、騒音が無い、といった利点があるのに、電気代はオイルヒーターに比べて安いのです。

輻射式の仕組みは、ヒーターから放射される熱が、身体を直接暖めてくれるのはもちろんのこと、壁や床も同時に暖め、今度はその暖められた壁や床が放射する熱(輻射熱)で、部屋中を均一に暖める、というもの。

遠赤外線パネルヒーターも、色々なメーカーから出されていて、私は、夢暖房サンラメラサンルミエサンルームの4機種で悩みましたが、サンラメラの総発売元であるアイエフ社のHPで「表面温度が他社は200~230度で、サンラメラは最高約300度と高く、遠赤外線のパワーも異なります」というような記載があったため、他社に比べて少し値段が高めではありましたが、サンラメラを購入しました。

我が家で使用しているのは、6~8畳用のサンラメラ600W型。
確かに、最初の勢いは、エアコンやファンヒーターに比べると弱いと思いますが、長い時間つけていることで身体がぽかぽかと暖かくなってきて、6畳間であればコレ一台で十分。
ただ、やはり寒い部屋に入ったときのひんやり感が辛いので、最初にエアコンとサンラメラを同時につけて暖かくなったところで、エアコンは切ってしまう、という使い方をしています。
ちなみに、サンラメラは、室内温度が20度になるように作られているということを知り、試しに部屋の温度を測ってみたところ、確かに部屋の隅も真ん中も約20度!
お値段は張りましたが、納得の行く良い買い物をしたと思っています。

<補足>
パネルの表面を覆うカバーは火傷をするほど熱くはなりませんが、600Wで使用すると、上部は結構高温になり、ぎゅーっと握っているとかなりの熱さを感じます。パッと触った程度なら
火傷まではしませんが、つたい歩きくらいのお子さんは注意された方が良い、というのが個人的な感想です。

★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ

子どもの肌荒れに手作りクリーム

乾燥肌です。うちのお嬢さん。

おなかと背中全体に小さな赤い発疹が出て、「病気?!」と慌てて、小児科に駆け込んだことも。
隔離部屋に通された後、先生の診断は
「お母さん、乾燥ですね、コレ...」。
と、赤っ恥をかいたのは去年の冬のお話。

今年は冬の乾燥対策に、アロマの精油を使って保湿クリームを手作りすることにしました。
色々調べたところ、ベースのクリームには蜜蝋ワックス(ビーズワックス)シアバターなどいくつか種類があります。

そこで、アロマの資格を持つ友人に相談してみました。

ビーズワックスはそのままだと硬いのでホホバオイルなどのベースオイルとブレンドする必要がある。
シアバターは人肌で柔らかくなるので、そのまま使えて便利、とのこと。(彼女曰く、「タイガーバームくらいの硬さ」)
また、アロマの精油はカモミールを薦められましたが、シアバター自体が保湿効果があるので、精油を加えなくても良いくらい、とのことでした。

そこで、早速、材料を注文し、作ってみました。

<分量>
シアバター 50グラム
精油 1~2滴

<作り方>
シアバターを耐熱容器に入れて、湯煎で溶かします。
液状になったところに精油を加えてかき混ぜます。
保存用の容器に移し替えて、冷えて固まったらできあがり。

ちなみに、シアバターには精製のものと未精製のモノがあります。
その友人曰く、ものすごく大きな違いは無いものの、精製し不純物を除去する過程で有効成分が一部損なわれるそう。
ただ、精製バターは、劣化にある程度強かったり、質感が安定しているという利点もあり、ビギナーには扱いやすい、とのことでした。

私は今回、オーガニック精製シアバターをチョイスしましたが、次回は未精製バターにもトライしてみたいと思っています。

この手作りクリーム、娘の乾燥肌対策だけでなく、おむつかぶれや私のハンドクリームに使ったりしています。また、娘の髪をセットするのにヘアワックス代わりにも使えたりして、かなり用途幅広く活躍しています。

今回お世話になったショップは、
手作り石鹸と化粧品材料のお店マンディムーン

雨のおでかけに親子レイングッズ

最近、こちらのブログをご無沙汰しておりました...。
今後は、ぼちぼち更新していきたいと思っておりますので、お付き合い、よろしくお願いいたします。

我が家の娘も2歳になりました。
2歳ともなると、一日中家のなかにいる、ということはほとんど無く、雨の日でも、近所をお散歩にでかけたりします。

そこで、この度、私用の雨のお散歩グッズを買い揃えました。
・フード付きレインコート
・長靴
・折りたたみ傘

途中で歩くのが疲れた、抱っことなり、肩に傘を挟んで娘を抱っこするという、なんとも辛い状況に陥ったことが何度かあり、ベルメゾンでフード付きのレインコートを購入。
これが、大正解!!

本来は、自転車用のレインコートのため、丈も長めで作りがゆったり。
そのため、ウェストポーチを腰に巻きつけた上からも着用可なので、荷物も濡れずに助かっています。また、ポケットもふた付きの大きめサイズなので、フェイスタオル1枚くらいは収納可。いざってときに、さっと取り出してふけるのでこれも便利。
防水効果も高く、本降りの中、20~30分くらい散歩をしましたが、中の洋服に雨が染みてくることはありませんでした。

ちなみに、自転車用ですから、もちろん雨の日の自転車お出かけもOKのワンピースとズボンの2WAYタイプ。
ズボンの仕組みが面白く、内側に付いているポケットにズボン(筒を開いた状態のもの)を収納し、着用時に取り出して腰の下辺りでレインコート本体にボタンで取り付けます。そして、一枚の布状になったズボンを足に巻きつけてファスナーで閉じると、まるでズボンをはいているみたいに見える、というナイスアイデア。
外でズボンを脱ぎ履きするのは、靴を脱いだりと大変ですから、これならさっと着用できます。

長靴は、コロンビアのオシャレ長靴を愛用しています。
ここ2年ばかり軽めで歩きやすい、そして可愛い長靴を探していて、ようやくめぐり合えました。
最近の長靴ブーム(おっと、レインブーツと呼ぶべきかしら)のおかげで、ちまたでオシャレなレインブーツを見かけることが多くなりましたが、そのどれもがずっしりと重いことがほとんど。
お散歩向きではありません。
軽さでいうとAIGLEのレインブーツがシンプルで可愛く、購入候補だったのですが、デザインが細身でパンツをインすると、結構キツク感じて、購入を断念。
そんな時に出会ったのが、コロンビアの「ウィメンズ ラディプレミアム」

デザインも重さも履き心地も大満足。お値段がお手ごろなのも主婦としては嬉しいポイントです。

折りたたみ傘は持ち手がJの字のモノを購入。
なぜ、普通の傘ではなく、折りたたみか、というと。
①お出かけ先で傘を閉じた後、娘が傘を持って歩きたがるのですが、
これが普通の長い傘だと、ずるずる引きずって周囲の方に迷惑で危ない。
②途中で抱っことなったときに、コンパクトになった方が荷物にならない。
持ち手がJのタイプを選んだのは、娘が持ちやすいため。
こちらは、近所のスーパーで1000円くらいの安いやつを購入しました。

しかし、困っているのは、娘のレインコートの防水効果の無さ...。
今、使用しているレインコートは、長時間のお散歩では、水が浸透して洋服がびちょびちょになってしまうので、洋服の上に厚手のパーカーを着せてからレインコートを着せて、洋服まで水が染みないように防いでいます。
「撥水」ではなく「防水」加工のモノを選べば良いようなんですが、90サイズくらいでは、本気モードのレインコートが無く、ほとんど撥水加工程度。(110くらいからだと、防水加工のあるコートがあるのですが...。)
と、そんななかで見つけたのが、マメールマディ(ma mere ma dit)のレインコート

こちらは、サイズは90cmから展開されていて、透湿・防水加工!デザインも豊富でPOPでキュートな柄ばかり。
早速、購入しました!!
購入後、大雨の中お出かけする機会はまだ無いのですが、今のところ服が濡れるコトは無く、満足して使用しています♪

軽さ重視のセカンドベビーカー

愛車のアンジェリーノを購入してからは、移動はもっぱら自転車で、ほぼベビーカーは使用しない日々を送っていましたが、今年に入って料理教室に通い始め、バス&電車移動の頻度が多くなると、これまで使っていたB型ベビーカーでは、少々しんどくなってきました。
何がしんどいか、というと...。
重い、場所を取る(バスや電車に乗るとき)、折りたたんだ時にかさばる。
また、お下がりをいただいたということもあって、走行時にギシギシするのも気になって。
そこで、思い切ってもっと簡易で軽量なバギーに乗り換えよう!ということになったのです。

購入ポイントは2点。
軽量
・畳んだときに自立する 
マクラーレンを使用している友達から「畳んだときに自立しないので、バスの中などで不便」という話を聞いていたため、バス利用の頻度が高い私は、自立式がマストの条件でした。(バスの場合、混雑時は子どもを抱っこし、ベビーカーは折りたたんで抱えて乗車、という場面によく遭遇します)
なので、移動はほとんど自家用車、という方などは、自立式にこだわらなくても良いかと。

加えて、お値段は1万円以下!(セカンドベビーカーですから...)

以上の点をクリアしたのが、KATOJI(カトージ)Richell(リッチェル)のバギー。

★リッチェル
コンパクトバギー2.6α TRコレクション 重量:2.7kg
TRコレクションの名の通り、リッチェルのトイザらス限定モデル。これ、重量が3キロ切っていますが、驚くほど軽い!!片手でラクラク持ち上げられるこの軽さはかなり魅力的!
しかしながら、ハンドルが国産のAB型ベビーカーによくみられる左右にまたがった1本ハンドルな上に、折りたたみ時に、ハンドル部が下になるタイプ。友人がこのタイプのモノを使用していて、折りたたみが面倒だと聞いていたのとシート部分が浅いのが気になり、購入に至らず。
そうそう、それ以前に、こちらは自立式ではないのでした...。
けれど、軽量であることに加えて、シート部分が水玉のデザインで可愛く、バギータイプには珍しく、シートの下に大型バスケットがついているプラス要素もあり、畳んで持ち歩く必要の無い方には、おススメの1点です。
ファインアールII 重量:3.3kg
TRコレクションには及ばないものの、3キロ台前半、とこちらもかなり軽々。
また、自立スタンド付きなのと、畳むと自動でロックがかかるオートロック式、と畳んだり、広げたりの頻度が高い私には、うってつけの商品。かなり、心が揺れましたが、できればシェードは幌タイプが良かったのと、シートが低いのが気になって、こちらも購入に至りませんでした。

ファインアール WL II 重量:3.9kg
ファインアールⅡと同様、自立式でオートロック付き。シェードは幌タイプで角度が自由に変えられます。ハンドル部分が高めで操作性が良く、シート下にバスケットが付いているため、シートの高さが低すぎない点も気に入りました。また、一般的なバギーの対象年齢が~24ヶ月(体重12キロ程度)なのに対し、こちらは、体重15キロまでOKと長期間使用可能。しかし、その分シートがゆったりしているためか、重量は4キロ弱と少し重めです。
重量が多少気になりましたが、娘はすでに1歳半で、12キロまでのモノだと、本当に短期間しかしようできないかも、と思い、長期間使用できるWLⅡはポイントが高く、結局、私はこちらを購入しました。

実際の使用感は、すこぶる良いです。購入前は、ちょっと重いかもな...と心配していましたが、ストラップでバギーを肩に担ぎ、娘を抱いて4階までの階段を昇り降りしていますが、全く苦になりません。
また、寝てしまったときに顔を隠したり、陽射しに合わせて角度を変えたり、とシェードの角度が自由に動かせるのは、思いのほか便利でした。
さらに、公共の交通機関を使用するときは、やっぱり、自立式を選んでよかったなーと実感しています。

★カトージ
カトージは、試乗ができなかったのですが、以下の2点が候補商品でした。
いずれも、やはり軽さが魅力。
かるいDEちゅ5点式 ニューヨークベビー  重量:3.1kg
かるいDEちゅSS 重量: 3.3kg

ちなみに、マクラーレンは、体重20キロまでOKのマクラーレン ヴォロー重量:4.6kgなんていうのもあります。
★ランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 育児グッズへ

☆グリムスを育成中です。大きくなるよう、更新ガンバリます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。